60代のおばあちゃんみたいな髪の毛です(ハリがなく細くまとまらなくべた|60代の悩み解決
あなたの髪の悩みを解決しましょう!今すぐチェック!
質問
抜け毛に対しての不安です。
現在大学2年生の女です。
大学1年生の頃から環境に馴染めないストレスからか、髪のキューティクルが無くなり、明らかに髪の毛が細くなり、抜け毛が大量に出るようになりました(髪を洗うとき束で抜ける)1年の頃は馴染めないストレスからだろうなあぐらいだったのですが、2年の終わりになってもまだ続き、今は分け目がの境界線がはっきりして、地肌が見える所もあります。
60代のおばあちゃんみたいな髪の毛です(ハリがなく細くまとまらなくべたっとして分け目がみえる)その髪が薄くなるっていう事実がまたストレスになり鏡を見るたび分け目を確認して自己嫌悪に陥ってしまいます。
ネットで色々調べてみて自分のと比べてみたのですが毛根は先が太くありません。
また、円形脱毛など、急激に抜け落ちた所は治る例は探せたのですが、私のように髪が細くなる→抜ける、という例でまた太くなって量も戻りました!という例を見た事ありません。
この髪の毛は元に戻るのでしょうか?食事はインスタントも食べますが、比較的普通な食事を摂ってると思います。
抜け毛を気にし始めてからは食事は野菜を気にして食べるようにもしてます。
環境によるストレスはというと、人と喋る時気を使いすぎて顔が引きつるのがそろそろ3年目になります。




回答
抜け毛の原因はいろいろです。
まだ若いので、髪の生まれ変わるサイクルは短いですから大丈夫だと思いますよ。
参考までに書いておきます。
一般的な1日の抜け毛の本数は、50本から100本程度と言われています。
100本というとかなり大量に感じる方も多いかもしれませんが、髪の全体量は10万本なので、「1日に髪全体の0.1%が抜けている」と考えれば、そう不思議なことでもないです。
髪は3〜5年サイクルで生まれ変わりますので、健康な方は毎日50~100本抜けても問題ありません。
また、毛根つきで抜けていても大丈夫です。
ただし、細い毛が多く抜けている場合は注意が必要。
髪は細い髪から太い髪へとなるのですが、細い髪が抜けたということは、まだ生えて間もない髪が抜けたということです。
薄毛かどうかは、抜け毛の量よりも「質」を重視してください。
後、バランスの良い食事が大切です。
亜鉛が不足すると髪の毛の成長が遅くなったり、細くなって、切れ毛や抜け毛を起こすことがあります。
昼に受けた髪や皮膚のダメージは、寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって修復されるので、睡眠不足は髪にも良くありません。
そして、思い悩むことが精神的なストレスとなり、ストレスが交感神経を発達させ、男性ホルモンを増やし、皮脂も増やしてしまうため、抜け毛の原因になってしまいます。


「60代」の悩み解決

薄毛隠しグッズ

頭に黒い粉をふりかけて、
ハゲを目立たなくさせます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
もう薄毛で悩む時代じゃない!
ハゲ隠しグッズ


薄毛隠しグッズ!

頭に黒い粉をふりかけて、
ハゲを目立たなくさせます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
もう薄毛で悩む時代じゃない!
薄毛隠しグッズ