かぶれさせて刺激?で発毛を促すと、説明がありましたが。いまいちピンとき|かぶれの悩み解決
あなたの髪の悩みを解決しましょう!今すぐチェック!
質問
脱毛症、サドベ(SADBE)について。
去年の10月より脱毛症になり、ずっとフロジン液というものを処方してもらい、塗布していましたが、今は脱毛がとても広がり、全頭脱毛症になりました。
今日、病院で次回の診察からサドベ(SADBE)という治療法にすると提案されました。
皮膚を、かぶれさせて刺激?で発毛を促すと、説明がありましたが。
いまいちピンときません。
毎日ウィッグをかぶって外出しています。
サドベ(SADBE)を実際やられて、回復された方はいらっしゃるでしょうか??ぜひ、お話を伺いたいですー!!



回答
SADBEをご検討されているようですがこの治療を円形脱毛症に積極的に推奨している国はそれほど多くないです。
女性の方であるようなのでご苦労が絶えないと思います。
頭皮を一時的にかぶれさせてそれが円形脱毛症を好転させる可能性はあまりにも低いことから海外ではあまり用いられなくなった治療法が現在、日本では推奨されています。
日本で提供されている円形脱毛への治療の場合には劇的な改善を期待できず長期化する恐れがあります。
実際私も過去に重度の円形脱毛症を経験しているのでお気持ちは大変わかります。
脱毛専門外来などが一部大学病院などで開設されていますが日本の円形脱毛症への対処方法は海外に比べると圧倒的に遅れています。
ご存じだと思いますが日本で行われている治療(ステロイド療法、ドライアイス療法、局所免疫療法(SADBE、PUVA療法)を用いても回復しない場合には仕方がないと説明する医師が多いようですがこれはあくまでも日本で行っている対処方法で海外では別の方法が用いられております。
海外の医療機関ではステロイドパルスは効果に対して治療後のトラブルなどから推奨する医師が少なくなっているのですが日本では現在でもストロイド点滴を薦める病院もあります。
重症化すると回復後も再発を繰り返す場合がありますのでご注意ください。
以下は円形脱毛症に書いた知恵ノートです。
(ぜひお読みください) 円形脱毛症の海外の取り組み http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n91036 可視光線を医学的に用いた治療法は海外では進んでおりますが日本ではほとんど周知されていません。
その中でも育毛の分野においては一般的な脱毛だけではなく、放射線治療や抗がん剤投与後の脱毛なども患者のQOL(クォリティーオブライフ)のためにも研究が進んでいたり、アメリカは戦争に従軍された兵士の方たちがPTSDに陥って起こる様々な疾患への治療や研究がおこなわれています。
その中でもストレスによる円形脱毛症の研究も進んでいます。
円形脱毛に対して医学的に認められている方法でご自宅でも安全で簡単にお使いいただけるような機械が海外にはあります。
過去に知恵袋内で円形脱毛症への対策として回答したものですのでぜひお読みください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10119610880/a273475987 これからさせていただく回答の元となるURLを以前はご紹介できたのでよりわかりやすいと思います。
ハーバードメディカルスクールの可視光線医療専門のウェルマンセンターマサチューセッツ病院が低出力レーザーのAGA型脱毛や円形脱毛症に対しての育毛効果についての学術発表が行われています。
日本では低出力レーザーの育毛効果があまり知られていませんが2010年に認可されてからもそれを裏付ける研究発表がいくつもされていますがプロペシアではDHTの影響を抑制するとされていますが低出力レーザーはATPの増加も確認されており、抜け毛の抑制や髪のハリの改善だけではなく、髪が生えだすという効果まで確認されています 年6回発行されるAmerican Journal of Clinical Dermatology (米臨床皮膚医学ジャーナル)の2014年の最新号にも低出力レーザーの育毛効果や臨床データが紹介されています。
世界でも権威のある臨床皮膚医学ジャーナルです 現在AGA型脱毛にはミノキシジルやフィナステリドが認めれらているが他の選択肢とて低出力レーザー(LLLT)も選択肢としてあると記載されています。
全文は見れませんが上記論文を発表したマイケルハンブリン博士は通常のAGA型脱毛以外にも抗がん剤を投与したマウスやalopecia areata (円形脱毛症)を発症した男女(人間)に治験を行い効果が確認できたと発表しています。
Studies have shown that LLLT stimulated hair growth in mice subjected to chemotherapy-induced alopecia and also in alopecia areata. Controlled clinical trials demonstrated that LLLT stimulated hair growth in both men and women. AGA型脱毛やマウスの抗がん剤による脱毛、円形脱毛など異なる脱毛要因に効果がある理由として低出力レーザーが毛包内の表皮幹細胞の生成が活発化することで髪の成長が休止期に入ったままの幹細胞が成長期に移行することで育毛効果が得られるとの今回の研究で発表しました。
この論文を発表しているハンブリン博士はハーバード大学メディカルスクールの皮膚科学の教授です。
ウェルマンセンターの可視光線治療の低出力レーザーの研究や臨床をおこなっておりLLLTによる傷の治癒、脳損傷、毛髪の成長の効果をこれまで発表しています。
2011年にはマイアミ大学が円形脱毛症の効果を研究を行っている研究チームも国際レーザー医療の学術書に論文を発表してマウスの円形脱毛症のLLLTの効果を発表しています。
2009年から低出力レーザーの治験がFDAによって開始され、2010年にAGA型脱毛などの認可を受けましたがそれまでの510Kの安全性ではなく、育毛効果の有効性の治験開始のきっかけとなった発表をアムステルダムで2009年7月に開催されたISHRS(国際毛髪学会)の中でハンブリン博士が発表した低出力レーザーの毛髪への効果についての学術発表がきっかけとなりました。
この2009年の学術発表を経て、治験と臨床が行われ、FDAによってAGA型脱毛などの認可を受けましたがここで示された低出力レーザーの幹細胞の活性化やATPの増加などの学術発表の延長研究、円形脱毛症への効果や抗がん剤を投与したマウス実験についての今年発表されました。
その前年の2012年の全米皮膚科学会 American Academy of Dermatology (AAD)の中で円形脱毛症の説明の中で以下のように書いております。
「In addition, investigators are exploring new avenues of treatment with a variety of lasers and with drugs that target」 現在科学者が円形脱毛症への新たな治療対策として様々なレーザーや治療薬を研究中であると明記しています。
実際アメリカや他の国で院内治療で円形脱毛症に対しLLLTを行っている病院もあります。
病院内で同機器を使って治療を受けるのではなく、自宅での対処法となるので治療ではないのですが効果は期待できると思います。
FDAの認可やISHRSの発表やAADの記述。
ハーバード大学メィディカルスクールの可視光線医療の研究や治験。
他科に渡る医学諸論文でも低出力レーザーに育毛効果は示されております。
日本の円形脱毛症のガイドラインも日本ではまだ可視光線を医療に用いるという治療が確立していません。
ですがこのガイドラインも将来的にはかわると思います。
しっかりとした対処法をとればどれだけ重度の円形脱毛症も改善する可能性はありますのであきらめないでください。
以下の画像は低出力レーザーを用いて回復した1例になります。
ご自宅でもしっかりと対処をしていただければそのほうがステロイドやSADBE、フロシン液よりも遥かに円形脱毛症に対しての有効性が世界的に確認されている療法があります。
もし円形脱毛症を含め、育毛についての情報をご希望であれば以下のURLのyahooプロフィールをご覧いただければ様々な育毛情報を紹介しているブログやアドバイスもさせていただけます。
http://profiles.yahoo.co.jp/-/my_profile/?sp=mqufOCM6eqvjgm_rnvStX1DC585Z79_b

「かぶれ」の悩み解決

薄毛隠しグッズ

頭に黒い粉をふりかけて、
ハゲを目立たなくさせます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
もう薄毛で悩む時代じゃない!
ハゲ隠しグッズ


薄毛隠しグッズ!

頭に黒い粉をふりかけて、
ハゲを目立たなくさせます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
もう薄毛で悩む時代じゃない!
薄毛隠しグッズ