かぶれない、内服薬(ミノキシジル)にして、外用薬(ミノキシジル)は、止|かぶれの悩み解決
あなたの髪の悩みを解決しましょう!今すぐチェック!
質問
フィンペシア1mg+ミノキシジル内服薬(タブレット5mg)+外用薬(ポラリスMR08)+(M字用09)で、生えた方いますでしょうか?今波平さん一歩手前です。
今は、フィンペシアと、ミノキシジル08と09初めて10日目ですが、頭皮が、一日中痒いですが、我慢して継続し更に、内服薬も、飲んで大丈夫ですか?それとも、頭皮が、かぶれない、内服薬(ミノキシジル)にして、外用薬(ミノキシジル)は、止めるべきですか?当方、糖尿病、前立腺炎、逆流性食道炎、動脈硬化症の薬を飲んでいますし、元々低血圧で、上は、100,下は70です。
血糖値は、7.3です。
因みに、AGAクリニックの無料カウンセリングでは、上記+頭皮ミノキシジル注射を、予定すると、言われましたが、高額な為、自己責任で、治療中なんですが、詳しい方のアドバイスお願いいたします。




回答
現在お持ちの持病の中で前立腺炎と動脈硬化症をお持ちのままプロペシアとミノキシジルタブレットを服用されるのは大変危険かと思います。
AGAクリニックで説明を受けられなかったと思いますが残念ながら日本の育毛病院の多くは十分な知識もなくこれらの薬を処方しています。
ミノキシジルタブレットが動脈効果、フィンペシアが前立腺炎に与える影響が問題です。
場合によってはこの二つの病気を悪化させる可能性があり、動脈硬化症の薬を使用している方は服用できません。
上記持病のお話があれば最低でも精密検査を行いますがフィンペシアやプロペシアの副作用や後遺症について理解していないばかりかミノキシジルタブレット(正式名 ロニテン)は育毛薬として世界で1国も認可されていないことすら周知していません。
さらにミノキシジル注射も日本で独自で行っている治療法ですが世界的にも治験は行われておらず、他国で注射を用いり、ミノキシジルを投与している育毛治療を行っている国は日本だけです。
それに加え、NR08や09をお使いのようです頭皮に異常を感じておられるようですが続けてお使いになればそのかぶれによって薄毛が進行してしまう恐れがあります。
ミノキシジルタブレットは育毛薬として2年間の治験がおこないましたが服用しての効果が限定的であることや浮腫みや体毛増加ではなく胸水によって心臓機能の低下が問題となり、却下されました。
ロニテンを開発したファイザー製薬の医薬品各条(医薬品の説明書)には育毛薬や頭髪の成長という記述は一切されておらず、本来の血圧抑制剤として服用する場合において体毛の中でも顔の体毛の増加が見られると書かれています。
顔の産毛、特に眉と眉の間や眉からの生え際の間の毛(毛髪ではなく、体毛)が増加する事例がみられるともかかれています。
この副産物的、影響により、薄毛箇所に産毛が生える可能性はありますがこれはあくまでも頭髪にように長く成長する訳ではなく、これ以外の腕や足の体毛も増加することが記載されています。
これらの症状は服用を中止すれば抜け落ちると書かれており、血圧降圧剤として長期服用された治験において得られたデータとして半年ほど経過した時点で服用開始後に増加した体毛が落ち着いてくるということは医療関係や薬剤師が目にする医薬品各条に記載されています。
体毛の増加は日本でも知られていますが一番の問題は浮腫みです。
排泄機能が低下することで水分が排泄できず、一般的には顔や瞼の浮腫みは知られていますが問題は肺や心臓に溜まる水で心臓機能の低下が生じる恐れがあるといわれています。
ミノキシジルタブレットは服用前や服用中の血液検査や月に一度のエコー検査に必須とされる併用薬を必ず服用するよう書かれていますが質問者様が病院で処方を受けたとしても検査も行わず、併用薬の処方も受けていないと思います。
プロペシアで得られる効果も限られていますがそれ以上に周知いただいたほうが良い事実があります。
プロペシアは日本の医師は髪が生え戻る薬のような説明をしていますが正確には臨床試験によっても髪が生え戻るほどの改善を遂げられたのは132人中、0.8%程度で大半の86%以上の方は軽度の改善または不変(変化なし)という結果でした。
プロペシアでは髪が生え戻るというまでの効果を得られるのは100人中、一人以下です 2015年6月6日に海外の生化学(細胞やホルモンなどの研究)を調査するHormone molecular biology and clinical investigationの発表した学術論文で良性前立腺肥大にフィナステリド製剤を使用した患者にEDや性欲減退症状がみられ、さらに男性ホルモンレベルも低下すると発表されました。
これまで服用目的がAGAや前立腺肥大に関わらず、男性ホルモンには作用しないといわれておりましたが継続的な調査を行ったところ、承認された当初ではホルモンへの影響の検査などが十分行われていませんでしたが関連性が正式に検証されました。
2015年5月、NIH(National Institutes of Health アメリカ国立衛生研究所) がプロペシアおよびフィナステリド製剤の副作用や後遺症(ポストフィナステリドシンドローム)について通達を発表しました。
これまでにもFDA(米国食品医薬局)がPFSの問題には公式発表をしていましたが医学研究を行う、世界でもっとも権威のあるNIHでも同様の発表をしました。
副作用や後遺症はすべての方に起こるものではありません日本でプロペシアを処方する医療機関や一部の医師が副作用や後遺症は一切ない薬であるという見解は全く誤っています。
ですが未だに医師が処方している薬であるからプロペシアは安全であろうと考えている方がこの薬の服用を検討している患者だけではなく、プロペシアを処方している日本の医師もそのような説明をしている方が多くいらっしゃいます。
医師が一般的な薬や治療方法を含め、効果や安全性、それにリスクを知るために参考にするのが今回のNIHのような研究機関が継続的に発表している最新の情報をチェックするのですが残念ながらプロペシアのような保険適用外の生活改善薬に対しては十分な配慮がなされていない傾向があります。
yahooブログでより具体的に説明をしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/kaminonayami_net 日本の医療機関などを管轄する厚生労働省に当たる、米国食品医薬局(FDA)は2011年にプロペシアの副作用についての注意書きを追記するようプロペシアの主成分であるフィナステリドを原料として医薬品を製造する製薬会社に通知を出したほどです。
プロペシアには副作用がないと日本では考えられており、そのような説明をしている医師もいますが2014年3月にプロペシアを日本で製造する日本MSDの使用上注意にもプロペシアの服用を中止しても精力減退やED症状が続くという報告があると記載されました。
ポストフィナステリドシンドロームの最大の問題は薬の服用中だけ上記のような症状が出るだけではなく、服用を中止しても上記症状が継続する恐れがあり、副作用ではなく、後遺症として症状が残る可能性があることです。
服用薬がもっとも効果的な育毛法とお考えのようですがミノキシジルタブレットやプロペシアの具体的な内容について書いた知恵ノートを掲載していますのでよかったら参考にしてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14128554769/a327167526 最近、育毛医療機関で推奨しているHARG療法や育毛メソセラピーのような針をつかった育毛剤の導入法は医学的に育毛を医療レベルで研究や開発をしている海外の毛髪学の研究者の間では効果や安全性が十分検証されていないので育毛剤の導入法として安易に使用するべきではないと発表しています。
特にミノキシジルを局所的に注射器などで投与してもミノキシジル自体が作用するべきは毛乳頭部分であり、無作為に注射針で一定の深さに針を刺すにしても目視できない毛細血管に適格に針を刺すことは困難ですし頭皮の血管は毛細血管であり、当然使用される注射針よりも細い毛細血管にミノキシジルを導入することは不可能です 育毛に不可欠な成長因子を皮膚に導入いただくのは有効ではありますがその場合でも特殊針やガス圧を使ったメソジェットでも安全性や効果が証明されていないので海外の毛髪学の研究者や医師は安易な使用を控えるべきとの見解です。
日本ではまだ周知されていない低出力レーザーも新たな育毛法として治験を経て低出力レーザーは一般的な医薬品でも行われるテストとして二重盲検試験(ダブルブラインドテスト)によりAGA型脱毛への育毛効果が確認され、ミノキシジルやプロペシアについで初めて認可され、現在では96カ国以上で認可されています 2010年に認可されてからもそれを裏付ける研究発表がいくつもされていますがプロペシアではDHTの影響を抑制するとされていますが低出力レーザーはATPの増加も確認されており、抜け毛の抑制や髪のハリの改善だけではなく、髪が生えだすという効果まで確認されています 年6回発行されるAmerican Journal of Clinical Dermatology (米臨床皮膚医学ジャーナル)の2014年の最新号にも低出力レーザーの育毛効果や臨床データが紹介されています。
世界でも権威のある臨床皮膚医学ジャーナルです FDAに認可された低出力レーザー器はプロペシアの代替案としても推奨されるようになり、現在、FDAが承認している低出力レーザー育毛器は2機種あります。
同様の機械を紹介するHPで恰も低出力レーザー全体が承認されたような説明をしているメーカーがありますがそれぞれに照射される波長や出力が違います。
実際の検証を得て承認されたのは2機種のみですがブラシ型の12個のレーザー照射口の製品や80個のレーザーをヘルメット型でただ被るだけで育毛効果を得られるtheradome(セラドーム)という製品があります ハーバードメディカルスクールの可視光線医療専門のウェルマンセンターマサチューセッツ病院が低出力レーザーのAGA型脱毛の育毛効果についての学術発表が行われ、髪の生成が活発化されると結論を出しています 全米皮膚科学会や国際毛髪臨床学会(ISHRS)は世界中の育毛に携わる専門医が所属している学会でその中でも低出力レーザーについては育毛効果を学会HPに掲載しています 添付した画像は新たにFDAで育毛効果が認可されたヘルメット型のtheradomeの3名の回復例です プロペシアやミノキシジルタブレットの実際の効果や問題点。
HARG療法や注射針を使った育毛剤の導入法の海外の見解や問題点。
ご自宅でもご利用いただける育毛用エレクトロポレーションとグロースファクターの説明をしているいくつかの知恵ノートをご欄いただけます http://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_note.php?writer=kaminonayami_net

「かぶれ」の悩み解決

薄毛隠しグッズ

頭に黒い粉をふりかけて、
ハゲを目立たなくさせます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
もう薄毛で悩む時代じゃない!
ハゲ隠しグッズ


薄毛隠しグッズ!

頭に黒い粉をふりかけて、
ハゲを目立たなくさせます
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
もう薄毛で悩む時代じゃない!
薄毛隠しグッズ